【エッセンシャル思考とは?】社会人の「勉強したいけどできない」ストレスや悩みを解消する思考法

モチベーションアップ

こんにちは、Takaです。

Taka

教育学部大学院修了 大手英会話教室在籍2年 英検2級取得 現在社会人3年目

大学4年次から本格的に英語の学習を始め、1年間で英検2級を取得。

今まで英語学習関連書籍を50冊以上読破、実践を行っています。

英検2級取得に役立つ知識やノウハウをブログにて発信中。

>>さらに詳しいプロフィールはこちらから

中田敦彦のYoutube大学、その他有名なYoutuberも絶賛している「エッセンシャル思考」。そういう意識高い系のYoutuberが言っていることは理解できない、なんか納得できない、そういう気持ちを以前の私も持っていました。

  • やったって意味ない
  • 私には無理、できない
  • 難しいの嫌い

そう思うのは当然のことですし、その気持ちはすごくわかります。私なんかは疑い深いの性格なので、この人達は自分のことを騙そうとしているんだとも思ってしまいます。

でも、このエッセンシャル思考はあなたをいい意味で裏切る知識となるでしょう。

忙しい毎日を少しでもラクに、楽しく生きる、そんな日々を欲しくはないですか?


エッセンシャル思考は多忙な毎日から時間を生み出す思考法です。

このご時世、何かひとつでも資格があったほうがいい。いつ何がおきるかわからない。

そんな周りからの声を受け、いざ資格の勉強を始めることに。土日に書店へ行き、参考書を買って準備万端。「明日からガンガン勉強するぞ!」と一念発起。

しかし仕事が始まってみると勉強する時間がなくて挫折

会社員
会社員

「毎日忙しすぎて勉強なんてしてらんねーよ…。」

なんて経験はありませんか?

  • 何かを始めたいけど時間がない人
  • 勉強したいけど仕事で時間がない
  • もっと効率的に物事を進めたい人

これらどれかに当てはまる方は今回の記事を読まないと損をするでしょう。

私も実践して成果を出すことができました。

忙しいあなたに、時間を生み出す思考法をご紹介します。

Taka
Taka

「仕事だけでなく、日常生活にも使える知識です。一見の価値ありです!」

この記事を読むと

  • 社会人が勉強できない原因がわかる
  • エッセンシャル思考とはなんなのかがわかる
  • エッセンシャル思考のメリットがわかる

社会人ならではの「勉強」に関する悩み5選

勉強する時間がない

これは非常によく聞く悩みだと思います。

私も実際そうでしたが、社会人はとにかく時間がありません。

普通に生活をしていてはいつまで立っても時間は生まれませんし、やる気もでません

時間はあるものではなく、作るものだという認識を持ちましょう。

次のような人は要注意です。

  • ギリギリまで寝ていたい。
  • 夜はなるべく自分の楽しいことをしていたい、休みたい。
  • 土日は平日の疲れを癒やすために趣味に没頭する。

特に仕事で若手のうちは肉体的には平気でも、精神的な疲れが多いんですよね。

上司や顧客に対する過度な気遣いで、知らぬ間に精神を削っています。

それが疲れにつながっているのです。

提案

  • 仕事は常に1週間〜1ヶ月先を見て準備をしておきませんか?
  • 飲み会や夜ふかしはなるべく減らし、早めに睡眠を取りませんか?
  • 起きる時間を1時間早めて、勉強時間を作ってみませんか?

モチベーションを保てない

モチベーションを保てないという悩みもよく聞きます。

その理由は2つあると考えています。

  • 自分に負荷をかけすぎている
  • 無謀な計画または無計画で行っている

自分に「負荷をかけすぎている」パターンの方は、3日坊主になりやすい傾向にあります。

学習は1日にしてならず

継続がなによりも重要になりますので、自分が続けていける程度の負荷にしましょう。

そして次の「無謀な計画・無計画」パターンの方も学習が続きません。

私は「計画する=ゴール設定」だと考えています。

ゴールが明確であればあるほど計画を立てやすいですし、様々な判断を下す労力をすべて学習に使うことができます。

提案

  • 一度自分の勉強の仕方を振り返ってみませんか?
  • 完璧な計画でないにしても、ゴールだけはしっかり設定してみませんか?
  • 1週間続けられたら〇〇を食べられるなど、自分にご褒美をあげませんか?

勉強の仕方がわからない

勉強の仕方が分からなくて勉強できない。

これもあるっちゃある悩みですね。

今どき、何かを学ぶためにスクールに通わなければならないかといえばそういうわけでもありません。

英会話でしたらオンラインでできますし、その他様々な検定も同様です。

ちなみに私は某大手英会話スクールに2年半通っていました。

そこで感じた英会話スクールに通うメリット・デメリットをまとめた記事があるので、気になる方は下記リンクより御覧ください。

>>「英会話教室を英語初心者におすすめしない3つの理由」の記事はコチラから

提案

  • まずは自分で勉強の仕方をググってみませんか?
  • オフラインかオンラインのどちらが自分に合っているか考えてみませんか?
  • 時間的・経済的にメリットがあるのはどの勉強法か比較してみませんか?

すぐに成果が出ない

勉強を始めたはいいものの、成果がでない。この場合、2つの原因が考えられます。

1つは「勉強の方法がそもそも間違っている」こと。

もう1つは「できたつもり」になっていること。

間違った勉強法、自分に合わない勉強法は絶対に良い結果を生みません。そのまま間違った勉強を続けて「勉強しても無駄だ」と思ってしまうことが最も最悪のケースです。

そうなれば「できない」→「勉強はムダ」→「勉強が楽しくない」の悪循環に陥ります。

また、「できたつもり」は効率が良い、割と学力がもともと高い人にありがちなケースです。

「覚えたら終わり」ではなく、「覚えたことを忘れないようにしよう」というマインドで勉強を行いましょう。

単語などの暗記系なら、「自分はどのくらいのタイミングで、何回繰り返せば覚えることができるのか」を把握しましょう。

提案

  • 自分にあった勉強法を見つけてみませんか?
  • 成果はすぐに出ないもの。もう少しだけ続けてみませんか?
  • 「できたつもり」から抜け出しませんか?

すぐに挫折してしまう

すぐに挫折する人はなんでも「頑張りたい!」と思っている方が多い気がします。

Taka
Taka

あれも、これも状態で全てが上手く行かない状態ですね。

人間は選択肢が多ければ多いほど、脳のエネルギーを使います。

その積み重ねがあなたの「決断疲れ」を招きます。

選択肢は多ければ多いほどいい

そんなふうに思っている方が多いでしょう。しかしそれに私はNoを突きつけます。

選択肢はなるべく少ないほうが圧倒的に成果を出せます

英語学習で例えると

この1時間は…

  • 単語に集中する
  • 文法に集中する
  • 演習問題に集中する

こういったある分野に特化して時間を使うことで、時間を余すことなく学習することができます。

学習は「正しい勉強方法で誰でも成果を出すことができる、最も手っ取り早いもの」なのです。

☆自宅学習を主にする方は必見です!☆

「塾に行かずとも成績をあげられる。」この言葉に食いつかない人はいません。

ぜひ、その方法を確認されてみてはいかがでしょう?

勉強したいのにできない根本的な原因はなにか?

勉強をすべきなのは十分わかっている。

自分も勉強したいと思っているのにできないのはなぜでしょうか?

その原因は1つです。

あなたに「余裕」がないからです。

ポイント:余裕のなさが全てに繋がっている

  1. 時間的余裕
  2. 精神的余裕
  3. 肉体的余裕
  4. 経済的余裕

「エッセンシャル思考」では4の「経済的余裕」を生み出すことは難しいですが、1〜3の項目はクリアにすることが可能となります。

時間・精神・肉体の余裕が生まれるということは、当然日々の生活にメリハリが出てくるはずですから、自ずと仕事の成果が上がり、給与にも影響してくるかもしれませんね。

そもそもエッセンシャル思考とは何?

エッセンシャル思考とは正しいことをやり遂げるためのスキルです。

これだけ聞くとものすごく胡散臭そうに聞こえますよね。大丈夫です、このあとしかかりと説明をしていきます。

皆さんは勉強や仕事をする時に意識していることはありますか?

意識していることがなくても、ありすぎてもダメです。

意識することはたったひとつだけです。

より少なく、しかしより良く

自分の時間とエネルギーは無限ではありません。必ず限界があります。

勉強や仕事、家事・育児、全てのことに通用するのがエッセンシャル思考です。

これらを身につけるためには3つのことを意識します。

  • 必ずやると決める
  • 大事なものはほとんどない
  • なんでもやるのではなく、全部はやらない

逆に捨てるべき考えは次の3つです。

  • やれるときにやる
  • 全部が大事
  • 全部やり切る

エッセンシャル思考の人間は「より少なく、しかしより良く」のルールを守り、自分がやることを計画的に減らしていきます。やることが減ると必然的に時間の余裕が生まれ、充実感を得ながら生活できます。

一方で非エッセンシャル思考の人間は自分に任された全てのことが大事という考えを持ち、全力で取り組みながらでたらめにやるべきことを増やします。その結果疲れ切ってしまい燃えカスのように無気力状態になってしまいます。

私たちが生きる世界は情報が多く、時間もない。常に選択の連続です。

おまけにSNSの普及で一気にプライベートとパブリックの境界線がなくなりつつあります。

人間は選択肢が多いと決断疲れを起こします。何も進まないまま考えるだけで疲れてしまう。それでは進展も何もありません。

自分で優先順位を決めなければ、他人の言いなりになってしまう

Taka
Taka

「エッセンシャル思考は自分自身を守るための思考法でもあります。」

実践して変わったこと3選

私がエッセンシャル思考を実演してみて感じたメリットは3つです。

  • 決断が早くなった
  • プライベートの時間が増えた
  • 仕事の質が急激に上がった

決断が早くなった

以前はこれを引き受けたらどうなるかな、あれをお願いしたらどうなるかな。

考えるばかりでなかなか行動に移れませんでした

結局仕事は同僚が帰ってから1人で残業。毎日20時〜21時まで残っていました。

ちなみに職場に着く時間は毎朝6時半でした。

流石にこの状態が続くと身体や精神的にも厳しいと思っていたところにこのエッセンシャル思考と出会いました。

エッセンシャル思考の基本原理は「より少なく、しかしより良く」です。

仕事に関しては、任された仕事に対して上司から何を求められているのか、クライアントのニーズは何だろうと考えるようになり、「本質」考えるようになりました

本質を軸にメリットがあるならやる、逆にデメリットがあるならやらない。

考え方を2択にすることで圧倒的に考える時間が減り、行動する時間が増えました

仕事の質が急激に上がった

行動する時間が増え、以前より圧倒的に仕事を終えるスピードが上がりました

1つの仕事を終えると次の仕事に元気な状態で取り掛かれます。体も心も元気だと、いつも同じな仕事内容でもなんだか楽しく思えました。

Taka
Taka

「ストレスって見えないから怖いですよね…。」

楽しく仕事ができるようになると心の余裕が生まれます。

心の余裕は前向きな姿勢にさせてくれます。

  • 「このスライドはこうしたほうが読みやすいよな。
  • この資料、誤字・脱字が3つもあった!
  • 上司に言われる前にあの仕事終わらせちゃお〜

これらを1週間も続けていると、一緒に働いている同僚から

同僚
同僚

「Taka君なんだか楽しそうだね。どうしたの?」

なんて声までかけられるようになりました。

同僚や上司からの信用も溜まるようになり、全てのことが好循環しているようでした。

プライベートの時間が増えた

与えられた仕事を勤務時間内に終わらせられるようになり、定時に帰れるようになりました

帰るといつも20時、21時を過ぎていたので、家に19時にいることが嬉しくて嬉しくて仕方がありませんでした

職場で翌日の準備を終わらせてきたので明日を迎える不安もなく、自由な時間を満喫していました。

  • ゆっくりご飯を食べたり
  • Youtubeを心ゆくまで楽しんだり
  • 資格の勉強をしたり

充実した平日を過ごせるようになりました。

当時の自分はなんでこんな生活を送れるようになったのか理解できていませんでしたが、いま振り返るとこれがエッセンシャル思考の効果なんだと実感しています。

経営コンサルティング、ベンチャーキャピタルなど複数の会社を経営する本田健さんの著書である『20代にしておきたい17のこと』に「人生が変わる本と出会う」という項目があります。

Taka
Taka

「まさにこの本(エッセンシャル思考)だ!」

  • 時間があれば〇〇がしたい
  • なんだか毎日が忙しくて楽しくない
  • 全てがめんどくさく感じる

そう感じる人ほどぜひこの本をとって欲しいです。

たかだか1700円前後で

  • 自分の時間が増える
  • 仕事が楽しくなる
  • 早く家に帰れるようになる

これは知識として身につけなきゃ損でしかありません。

一度知識として身につければ周りに奪われることはありません。

周りも変わったあなたに驚きを隠せないでしょう。そしてあなたは同僚に聞かれるでしょう。

同僚
同僚

「〇〇さん、なんだか楽しそうだね。どうしたの?」

エッセンシャル思考で周りと差別化する

エッセンシャル思考を知ったのはオリラジのあっちゃんがやっているYoutube大学とリベラルアーツ大学(通称リベ大)の両学長が取り上げていたことがきっかけでした。

【エッセンシャル思考①】いそがしすぎる人々へ(Essentialism)
【エッセンシャル思考】忙しすぎる人々へ

第16回 学長のおすすめ書籍【人生論】
第16回学長のおすすめ書籍【人生論】

多忙に押しつぶされそうになりながらも、なんとか抜け出す方法を探していました。

20代は仕事に全力でぶつかっていけという諸先輩からのアドバイスを間に受けて、死にそうになっていました仕事は増える一方で、どんどん休日の時間も仕事に使うようになっていきました。

周りの友人からはそんなブラックな職場辞めたほうがいいと言われたのですが、仕事自体にはやりがいを感じているし何よりそれをやりたくて就職したので辞められませんでした。

今では仕事をサクサク片付けられるようになったし、早く家に帰るようになり勉強する時間も増えました。最近また英語を磨き直そうと英語学習を頑張っております。

私はまだ社会人2年目ですが、以前の私と同じように死にそうになりながら働く後輩や先輩たちがいます。そしてその人たちに共通することは考える時間が多過ぎて行動していないことです。

20代というかけがえのない時間を少しでも自分のために使えるようになったことに感謝しながら、明日もエッセンシャル思考を実践していきます。


エッセンシャル思考を支える3つの柱

エッセンシャル思考は主に3つの柱に支えられています。

  • 見極める
  • 捨てる
  • 仕組み化

エッセンシャル思考を実践するにはまずはこれらの意味を理解することから始まります。具体的なテクニックを後述しますが、大元となる「見極める」「捨てる」「仕組み化」の3つを理解することでそれらのテクニックの効果は爆増します。

見極める

この記事を読んでいる皆さんや皆さんの友人に「新しいものに何でも手を出す」人はいませんか。エッセンシャル思考の人間は「やるべきことは1つだけ」ということを軸に行動しています。

  • 話題のアプリをたくさん使う
  • 流行りの副業に手当たり次第手を出す
  • 仕事を際限なく引き受ける

次から次へとどんどん自分のものにしていく姿勢は絶対にやめましょう。人間は新しいものに興味が湧く生き物です。新しいというだけで「なにか自分の役に立ちそう」と思ったり、「きっと最新の技術がつまっているに違いない」と思ったりします。

仕事も同じです。人から言われたとおりに仕事を引き受けているとあなたの時間がなくなっていきます。例え後輩のAさんがやるべき仕事でも、自分がやったほうが早いからという理由で引き受けてしまう人は要注意です。

あなたがするべきことは1つだけ。たくさん選択肢がある中で自分が本当にしなければならないことを見極めるのがエッセンシャル思考を実践する上で必要なスキルになります。

読者
読者

「自分のやるべきこと」を見分けられるために必要なことってなに?

やるべきことを見極めるために必要な5つのこと

  • 情報を集める時間
  • 余裕
  • 遊びごごろ
  • 十分な睡眠時間
  • 自分の価値観に即した厳格な判断基準

時間的・精神的余裕が自分のやるべきことを明確にします。そういった時間がないという声もありますが、これを機に考え方をアップデートしてください。

この令和の時代に「忙しい=有能」という考え方は古いです。

時間がないという言い訳は高評価どころか低評価の印象を受けます。1人ひとりが持っている1日の時間は等しく24時間です。私達ができるのはその1日の時間の使い方だけです。

今この瞬間をラクに生きて後でそのツケを払う人生を歩むのか、今この瞬間のラクを少し我慢して未来の自分へ投資する人生を歩むのかはあなた次第です。

やるべきことを見極め、周りに惑わされずに歩み続ければどんどんあなたの人生は楽になっていきます。

捨てる

自分に必要なものや自分のやるべきことを見極めたら次にやるのは「捨てる」作業です。捨てるというよりも「整理」という表現が適当かもしれません。

自分をクローゼットやタンスだと思ってください。

自分というクローゼットの中身を見てみると、

春物のカーディガンやセーター、夏のシーズンに大活躍のワンピース、秋物のコート、冬の時期に手放せないマフラーなどなどいろいろなものがギュウギュウに詰め込まれています。

今のあなたは常にこんな状態です。

次は仕事に置き換えてみましょう。

多くの雑務を振られ、自分の仕事に手が回らず困っている若手社員。「あれもこれもやらなくては…。でも上司から渡された資料に目を通さないと…。」

こんなときこそ「捨てる」技術が役に立ちます。

仕事でいう「捨てる」技術とは引き受けた仕事を放棄するという意味ではありません上司や顧客を怒らせずに依頼を断る技術のことです。

社員
社員

上司や顧客を怒らせずに断る技術なんてあるの?

仕事を断るか引き受けるかの判断基準は1つだけです。

  • もしこの依頼がきていなかったら、率先して自ら仕事を受けようとするだろうか

これに心からYESと言えるなら引き受けるべきでしょう。

逆に一瞬でも返事が遅れるのであれば、それは今のあなたに必要のないものです。

捨てるものを考えるから自分が大切にしているものが見えてくる

仕事に限らず、勉強や家事などどんな場面でも自分が大切にしているものはあるはずです。それは自分の「価値観」と呼ばれたり、「こだわり」と呼ばれたりするものです。

仕事や勉強、家事、育児その他もろもろにブレイクスルーをもたらすために「捨てる」技術を身につけましょう。

仕組み化

物事はなんでも努力と気力で乗り切れるものとは限りません。

エッセンシャル思考の人間はやる気のある・なしに限らずできるような仕組みを作ります。

  • この曜日はこれだけをする
  • 今やりたいことと今やらなければならないことを分ける
  • 一度決めたら無意識に実行できる用意をしておく

人間は嫌なことから逃げたくなる生き物です。だから嫌なことや面倒なことを避けて生きるのは当然のことですし、恥ずかしいことではありません。

でも必ずいつかはその面倒なことがあなたに回ってくる瞬間が訪れます。

そんな時に自分の感情に振り回されずに行動できる仕組みを作っておきましょう。

考えや行動の仕組み化については次の章で詳しく説明します。

エッセンシャル思考7つのおすすめ技術

エッセンシャル思考には19の技術があります。今回は私がその中から厳選した7つの技術をご紹介します。

  1. 選抜
  2. 拒否
  3. 線引き
  4. バッファ
  5. 削減
  6. 習慣
  7. 集中

選抜

「選抜」は多くの選択肢からより良いものを選び抜く技術です。

今回は90点ルールをご紹介します。

90点ルールとは

「悪くない」程度の選択肢はすべて却下する。

自分が納得する明確な基準を設けて、それに対して90点以下の選択肢や候補を切り捨てる。

切り捨てには大きな勇気と決断力が必要です。

読者
読者

85点くらいの選択肢でも切り捨てるの?

90点以下の選択肢はすべて切り捨てます。

厳しい選択はあなたに選択の自由をもたらします。何度も何度も切り捨てて、自分が求めるものがなかなかやって来なくともそのスタンスを変えてはいけません。

妥協はその後に必ず後悔を生むことになります。自分が大いに納得できるからこそ次の行動の原動力となるのです。

選抜のメリット

  • 雑多な選択肢を容赦無く切り捨てられるところ
  • 迷いがなくなる
  • 悩むストレスから解放される
  • 選択が合理的・論理的になる
  • 直感や感情の入り込む余地はない

拒否

他人からの圧に負けずにNoと言うのはエッセンシャル思考の必須スキルです。

相手にNoを突きつけるのは誰だって不安なものです。

  • チャンスを逃したくない
  • 自分の立場を悪くしたくない
  • 同僚や上司を失望させたくない

これらの不安に勝たなければ相手の要求を受け続けるYESマンになってしまいます。仕事をどんどん押し付けてくるあなたの上司や友人はあなたを都合のいい人という認識でしか見ていません。他人の人生を生きず、自分の人生を生きましょう。

次のリストは相手を怒らせない上手な断り方です。個人的には1と2が簡単に実践できます。

  1. とりあえず黙る
  2. 代替案を出す
  3. 予定を確認して折り返す
  4. 自動返信メール
  5. どの仕事を後回しにするかたずねる
  6. 冗談めかして断る
  7. 肯定を使って否定する
  8. 別の人を紹介する

とりあえず相手から何か頼み事をされたら3秒沈黙してみましょう。その後に自分の意見を言うようにしましょう。沈黙は誰だって怖い。沈黙を味方につけて相手にプレッシャーを与えましょう。

2の「代替案を出す」は相手に歩み寄りながら断る方法です。例えばこんな使い方をします。

「お誘いいただいてありがとうございます、本日は難しいですがまた後日改めて私の方から連絡します。」

人間をイライラさせるポイントは「理由」があるかないかです。人間は何か理由があれば嫌な気持ちにはなりません。もっともらしい理由を添えて、やんわり断りましょう。たまにやんわり断っても気が付かない鈍感な人間もいますが、そのような人間には強気に断りを入れましょう。

線引き

エッセンシャル思考の人間は自分と他人の境界線を上手に利用します。

  • 自分の時間を守る
  • 他人からの干渉を防ぐ

自分と他人との間に明確な線引きをしておかなければ、他人は自分のテリトリーにどんどん干渉してきます。

自分のテリトリーを守らなければ、いつしか自分が自分でなくなっていく。そんな未来があなたを待っています。自分の大切なものを守るためにも、自分と他人との線引きをしておきましょう。

バッファ

バッファとは「緩衝」のことで、なにか突発的に起こったトラブルに見舞われてもなんとか耐えられる余剰ことです。

私達が生きているこの世界はいつどこで何が起きるかわかりません。だからこそ何事にも余裕を持っておくことが大切です。

  • お金の余裕
  • 心の余裕
  • 時間の余裕

皆さんの周りにいつもギリギリに行動する人はいませんか。

  • 締め切り当日に資料を提出する人
  • テスト前日に一気に課題を終わらせようとする同級生
  • 貯金のない友人

これらの人に共通しているのは、常に「最善ケース」を想定しているということです。本来は逆である必要があります。常に最悪のケースを想定し、障害となるものをあらかじめ排除していく。

それは仕事でもプライベートでもそうです。バッファは見積もりの1.5倍で考えましょう。

  • 家から駅まで徒歩10分なら15分余裕を持って家をでる。
  • 資料作成に1週間かかりそうなら、締め切り10日前に作業を始める
  • 月の生活費が20万なら30万以上の貯蓄を常に蓄えておく

削減

短時間で大きな成果を出すには最も全体の足かせになっているものを取り除く。

例えば売上が伸びないとき、あなたならどうしますか。

人員を増やしますか?投資資金を増やしますか?

そうではなく、仕事を減らして1人あたりの生産性を上げます。会社によくある間違いは仕事を増やして、人員を割く。これでは売上が伸びるどころか社員のモチベーションもだだ下がりです。

  • エッセンシャル思考の人間は問題の大元を見抜き、対処する
  • 非エッセンシャル思考の人間は場当たり的に処置をする

問題はなぜ起きてしまったのか?再度問題が起きないように大元を突き止めることが重要です。抱えているものが多すぎると問題の根本を見つけにくくなります。より少なく、しかしより良くのスタンスを貫きましょう。

習慣

成功は正しい習慣で呼び寄せる。習慣はあらゆる誘惑に打ち勝つことのできる最大の武器です。習慣がなければ誘惑に勝つことは難しいです。

習慣という言葉を聞いて身構えないでください。みなさんも無意識のうちに色々なことを習慣化しています。

  • 毎日同じ通勤・通学路で通うことで迷うことなく目的地に辿り着ける
  • 同じ料理を何度も作ることでクックパッドを見ずに料理を作ることができる
  • 毎日決まった時間に起きていればアラームがならずとも自然に目が覚める

これらも立派な習慣です。

習慣は一度身につけると、脳に負荷をかけずに行動することができます。つまり、今まで脳を使っていた行動が自然にできるようになり、また新たな習慣を手に入れることができるのです。

上司が自分と同じ仕事をしているはずなのに仕事が早いのはそういう理屈です。もはやその仕事が習慣化されているから処理が早いのです。

悪習慣を正しい習慣に変えるには3つの方法があります。

  • 行動を起こす理屈を知る
  • 難しいことから手をつける
  • 習慣づくりは1つずつ行うこと

行動は何らかの引き金(トリガー)がきっかけで起こされます。いつもの駅前のコンビニを通るからタバコを吸う。朝のアラームが鳴るからコーヒーを淹れる。寝る前にスマホを見るからYoutubeを見るなど人によってトリガーはまちまちです。

習慣づくりは初めから完璧を求めなくて構いません。まずは1歩ずつ着実に成功体験を積んでいきましょう。1つクリアしたら次のタスクへ。階段を登るように自分ができる範囲で行動を起こしていきましょう。

  • エッセンシャル思考の人間は重要なことをやり遂げるために習慣化している
  • 非エッセンシャル思考の人間は、いざというときに本気を出そうとしている

集中

皆さんは未来のことが不安ですか?

私もそうですが、過去の失敗やこれから起こる未来の心配をしたことは誰にでもありますよね。しかし、私達が生きられるのは過去でも未来でもなく今この瞬間だけです。

だからこそ、集中する対象を1つに絞りこみましょう。

あれもこれも同時にする人は要注意です。物事を並行して行う「マルチタスク」の人間になってはいけません。

今この瞬間を生きるためには、「今、何が重要なのか」を考えること。

さらに重要なものの優先順位を決める。

そして、未来を頭の中に考えないこと。

今考えられる最善の行動を続けていけば未来もきっと明るくなります

>>「自分の目標や人生の目的を探すための有能ツール」の記事はこちら

過去でも未来でもなく、今この瞬間を生きよう。

  • エッセンシャル思考の人間は今この瞬間に何が大切かを考える
  • 非エッセンシャル思考の人間はいつもこころここにあらずの状態で、目の前のことに集中できない

誰かに任せることも一つの手【家事代行サービスのすすめ】

正直なところ、時間に余裕がないというのが根本的な原因だと私は思います。

仕事によっては、残業代もつかないのに土日も働いて、朝早くに出勤なんてことも…。

特に一人暮らしの方は、掃除・洗濯、食材の買い出しなど一人で行わなければなりません。

Taka
Taka

「もう一人、自分がいてくれればなぁ…。」

その悩みはもしかしたら、解決できるかもしれません。

家事代行サービス」は聞いたことがありますか?最近よく使われているサービスの一つです。

もし、あなたが家に帰ったときに

  • 料理が作られていたら
  • 掃除がされていて、部屋がピカピカだったら
  • 毎日栄養バランスの取れた食事ができたら

こんな夢のようなことはありません。

それが1週間で1万円、1日にして1,500円払うだけで夢が叶うとしたらどうでしょう。

家事代行サービスも悪い選択肢ではないでしょう。

皆さんの時間は無限ではありません。非常に価値ある時間なんです。

なんでも自分でやる時代は終わりました。

少し、自分の身の回りのことを任せて、自由な時間を獲得してみませんか?

>>家事代行サービス「アールメイド」のHPをチェックする

申込みはコチラから⇓⇓<トライアルコース実施中!!>

生み出した時間を何に使いますか?

この7つの技術を実践すればあなたは以前よりも多くの自由を手に入れられるでしょう。そして、時間があればやりたいなと思っていたことに挑戦することができます。

あなたが得た時間の使い方になにか言うつもりも権利もありませんが、1つだけ知っていてほしいことがあります。

それは、「人間は怠け者」だということです。

あれだけ必死に頑張っていたけど、いざ自由な時間を手に入れるとその使い方がわからず、時間を浪費してしまう。これは本当によくあるケースです。

浪費ではなく投資に回すこと。

浪費と投資は全く違います。

時間を差し出してまた新たな時間を生み出すものが投資

時間を差し出して時間を生み出せないものが浪費と心得ましょう。

エッセンシャル思考ははっきり言って難しい思考法です。

何が難しいかというと、続けるのが難しい。

どんな人でも頭の中ではわかっているけど実践できない。そんな思考法です。

もしあなたがこれを実践できるなら少数派の人間です。

周りとは違う人生を歩んでいきましょう。

自分を大切にしながら、自分の夢を叶えるときを目指して。

では、またっ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました