MindMeisterを使い続けて1年半|20代社会人こそマインドマップで価値観を整理したほうがいい3つの理由

サービス・書籍紹介

なんとなく今の職場に就職して、なんとなく仕事をして給料をもらって

なんとなく休みの日は遊ぶ日々の繰り返し。

高校や大学を卒業する前は社会人になれば、なにか人生が明るくなるんじゃないかと思っていた人がほとんどなのではないでしょうか。

私もその1人でした。

私は幸運にも学生時代にやってみたかった仕事に就くことができました。

それでも1年目は自分が思い描いていたものとは程遠いものでした。

それはなぜか?

自分の「軸」が定まっていなかったからです。

自分の「軸」があれば自然と目標が見えます。

目標が定まれば、すべきことが見えてきます。

すべきことがわかれば、自ずとやる気も出てきます。

今回は自分の経験談を交えつつ、20代の社会人、特に就職して間もない方へ向けた

自分軸の見つけ方をご紹介します。

Taka

教育学部大学院修了 大手英会話教室在籍2年 英検2級取得 現在社会人3年目

大学4年次から本格的に英語の学習を始め、1年間で英検2級を取得。

今まで英語学習関連書籍を50冊以上読破、実践を行っています。

英検2級取得に役立つ知識やノウハウをブログにて発信中。

>>さらに詳しいプロフィールはこちらから

自分の軸を見つけるには

急に自分の軸って言われても難しいですよね。

こんなふうに考えてみましょう。

Taka
Taka

あなたの生活(人生)において、何を大切にして生きていますか?

私の場合は次の8つです。

  1. 夢や目標をもつこと
  2. 自分に嘘を使いないこと
  3. 何事も初心を忘れないこと
  4. 心身の健康
  5. 学び続けること
  6. 人との関わりを大切にすること
  7. 目に見えない資産(信用)を大切にすること
  8. 幸せに生きる努力をすること

自分が決めたこの8つを守って生きることが私にとっての軸となっています。

これらを見つけるために多くの時間を費やしました。

なんとなく考えるだけでは決して見つかるものではありません。

出した答えに何度も自問自答を繰り返します。

そうすると、考えがどんどん洗練されていき、言葉の重みや強さが増していきます。

他人や社会にながされることなく、自分の心に従って生きていくことができるようになるのです。

一昔前は、親の背中や社会がつくり出したロールモデルに従って生きていれば、一般的な幸せを得ることができました。

しかし、現代社会はそうではありません。

自分が進むべき道を示してはくれないのです。

大企業に就職すれば将来安泰という神話もすでに崩壊していますし、若者たちを取り巻く環境もどんどん厳しいものへと変化してきています。

スマホ1つで色々な情報にアクセスできるようになり、情報を比較的簡単に得られるようになって、便利さを感じる面もあります。

しかし、そこには落とし穴があります。

情報が多すぎるがゆえに、選択肢が広がり、自分で選択できない人が増えてきているのです。

これは「決断疲れ」一種で、選択肢の多さで思考がパンクして、考えることが面倒になってしまっています。

その状態になると、自分で自分のことを決められなくなり、周りの甘い誘惑や企業や政治、社会に振り回される人生を歩むことになるかもしれません。

だからこそ、自分の軸をもち、自分の人生を設計して、歩む必要があります

マインドマップで思考を整理する

私はマインドマップで思考を整理して、自分軸を見つけました。

マインドマップとは、木の枝のように1つの考えからどんどん考えを派生させていくものです。

マインドマップ(英: mind map, mindmap)とは、トニー・ブザンが提唱する、思考の表現方法である。頭の中で考えていることを脳内に近い形に描き出すことで、記憶の整理や発想をしやすくするもの。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

マインドマップならMindMeisterがおすすめ

マインドマップの作成は手書きでも可能ですが、手元にパソコンがあるならパソコンで行うことをおすすめします。

私が使っているのは「MindMeister」というツールです。

誰でも無料で簡単に使うことができますので、ぜひこれを使ってみてはいかがでしょうか。

MindMeisterの登録方法

以前、MindMeisterの登録方法から具体的な使い方を記事にしましたので、そちらを御覧ください。

画像や動画付きで解説しているため、ほんの数分で使えるようになりますよ。

>>「MindMeisterの登録方法と使い方を0から解説|右揃えのフォーマットは超万能」の記事をチェック

MindMeisterを使ってよかった3つのこと

日常生活の優先順位が決まる

ひとそれぞれ、日々の生活で大切にしたいものが異なるのが普通です。

  • 仕事は定時で終わらせて、自分の時間を精一杯満喫したい。
  • 仕事が楽しく、残業代もつくのでもっと働きたい。
  • 仕事よりも、家族を優先したい。

あなたが最もストレスを感じるときは、自分が大切にしているものを他人から害されるときです。

なんとなく仕事や学校生活で不満を感じている人は、自分の優先順位を理解できていません。

それがわかっているだけでも、かなりストレスから開放されるというのに。

だからこそ、私は自分の思考の整理をオススメします。

毎日忙しくて、考える時間がないあなたにこそ、この作業が必要です。

以前の考えをいつでも振り返ることができる

MindMeisterでマインドマップを広げていくと、なぜその答えにたどり着いたのかを記録することができます。

思考は頭の中でとどめておくと必ず忘れていきます。

  • どうしてこの答えにたどり着いたのか?
  • このアイディアのメリットとデメリットは何か?
  • そもそもの前提は間違っていなかったか?

一度、自分の答えを客観的に見返したいときに、MindMeisterは役立ちます

枝の根本をたどっていけば簡単に前提条件を確認することができるからです。

これだけでもかなり時短になります。

常に時間に追われる現代社会では、効率的な生き方を求められます。

限りある時間を有効に使うためにも、こうした便利なツールを活用するべきです。

目標がぶれない

最後に、MindMeisterで思考をまとめて強く感じることがあります。

それは「目標がぶれない」ということです。

それはすなわち、生き方に芯を持つということ。

他人に邪魔されることなく、自分の人生を歩めるということです。

特に社会人は、親元を離れ、自分で自分の人生を歩むことができます。

こうした時、自分だけの指標(目標)を決めて置かなければ、ムダな時間を過ごすことになります。

人間は誰しも歳をとっていき、老いていきます。

若い頃は一瞬なのです。

今しかできないことをなぜ今しないのか?

そんなことを私は思います。

人生をより良く生きる人は次のことを大切にして生きています。

  1. 目標(ゴール)を明確にすること
  2. 目標を達成するために最適な手段を考えること
  3. 行動すること

目標ができて、はじめて行動1つひとつに意味が生まれます。

自分の人生が好転することを願うだけでは何も変わらないのです。

かといって闇雲に行動すれば変えられるかといえばそうでもありません。

良質な情報を集め、実践と反省を繰り返し行うことが、人生を豊かにしていくために必要なことなのです。

あなたの目標はなんですか?

ここまで話をしてきて、あなたに問います。

Taka
Taka

あなたの目標はなんですか?胸を張って言うことができますか?

人生の目標を持つことは恥ずかしいことではありませんし、他人からバカにされる筋合いもありません。

自分が納得して生きていくことができればそれでいいのです。

若いうちから目標が見つかった人はかなりラッキーです。

  • 目標がありません
  • 自分が大切にしているものがわかりません
  • ゴールを決められません

そう思う人がほとんどです。

というか、考えている人なんてほとんどいません。

そのことを少しでも考えているあなたは、その人達よりも先を進んでいます。

自分の考えをまとめ、自分軸を見つけようとした人は確実に自分の目標に近づいています。

一度しかない人生を、楽しく、豊かに生きていくために、なにか熱中できるものに時間を使ってみましょう。

そうしたら、なにかが変わるかもしれません。

まとめ

自分の価値観(軸)を考えることで

  • 生活の優先順位が決まる
  • 自分の考えを客観的に振り返ることができる
  • ブレない目標が見つかる

今回は自分の思考を整理することの大切さについてお話しました。

時間やお金をなにかに投資すれば、必ず何かしら得るものがあるでしょう。

特に読書は本当に良いことしかありません。

人生を好転させるには良質な情報を得る必要があります。

たった数千円で人生が良い方向へ変わっていくのなら、読まない選択肢はありません

下記に私が読んで、人生が好転した書籍を載せておきます。

あなたもぜひこの本を手に取り、今の人生がより豊かになることを願います。

20代にしておきたい17のこと

20代にしておきたい17のことをあなたはいくつ達成しているでしょうか。読めば自分の人生が幸福だったか振り返ることができます。
なんとなく毎日を過ごす20代にこそ読んでほしい、至高の一冊。

なぜ僕らは働くのか

働き始めて、ふとした瞬間に
「あれ、俺ってなんで働いているんだろう。」
そうした疑問に答えをくれる一冊。

社会人から学生まで、幅広い読み手を意識した書籍です。
自分が働く意味や働くことで得られるものとは何なのかをご自身の目でぜひ確かめてください。

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

毎日忙しく過ごす人ほど、落とし穴にハマっている可能性があります。
時間は誰にでも等しく与えられていますが、やり方次第では同じ時間でもより良く、賢く生きていくことが可能です。

自分の大切にしているものに時間を使いたい人は、ぜひこの本を手にとって、実践してみることをオススメします。

せっかく投資をするなら、目標を達成して成功を掴みたいのが普通です。

そのためにも計画的な行動が必要です。

正しい努力、正しい行動がかならず成功を呼びます。

若く、力が溢れている20代にしかできないことをやりましょう。

今の努力は必ず未来の自分の糧になるはずです。

では、またっ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました